アルスちん修復

携帯のアルスちんストラップ、乗っている箒の柄が折れてたー!

そんな訳で、前回のドロッセルお嬢様の修復同様、ドリルで穿ち、真鍮線を通して樹脂接着剤で接着を試みる。
実はこの箒の先も折れた事があり、同様の修復を行なっていたり。
ちなみにドリルと真鍮線、柄の太さの差は1mmもなく、作業はなかなかドキドキするモノがある;

慎重に作業して、なんとか完了。
後は乾燥を待って、はみ出た接着剤を削って修復完了、ってところかな。

人気の投稿