Favoのペングリップ



今や絵描きには必須アイテムの入力機器、ペンタブレット。
私は、作業マシンのPCにはIntuos3(A4)を、日常的に使っているMacminiにはFavoを、と言うワケですが、最近なんだかFavoのペングリップに変な風合いがついてきたような気が……。
言うならば、Intuosのペングリップには見られない経年変化が、Favoの方に出まくっている感じ。
おかしいなぁ、前者に較べ、戯れ程度にしか使っていないハズなんだけど……(おまけにFavoの方が何年も新しい)

よく見るとグリップゴムにヒビが入っている。ちょっと軽く引っ張ってみた……ありゃま、崩れましたよ;駄目だこりゃ、可塑剤が出てしまっている!

何か代用品は何かと、部屋を見回してみるが、ボールペンのグリップやシャーペンのグリップでは、イマイチ長さや太さが足りない。
次にDIY店で物色してみた。そこで鉛筆ペン用の正しく持てるプニュグリップなるモノを発見。正しく持てるタメのヘコミが邪魔くさいけど、まぁ、これ以上も以下も無い様なので購入してみる。

装着してみたのが上の写真。サイドボタンのところはカッターで切り抜くつもりが、あまりにもプニプニして刃が通らなかったので、ニッパーバサミでくり抜いたりと。
うん、使い勝手は悪くない。Intuosのペングリップみたいだ。確実に無いよりはずっとイイ……当たり前かw。
もちろん代用品故の欠点もいくつか。Favoの売りであったペンホルダーにペンが入らなくなってしまった。あと、サイドキーは爪で押さないとダメ。
ココはちょっと残念。残念だけど、値段を考えると相応かな〜


さて、プニュグリップが3つほど余ってしまいました。これらは何に使おうかしらん。

人気の投稿