投稿

2月, 2010の投稿を表示しています

その後のMac用キーボード

イメージ
だめじゃー!ちぇいすとー!

綺麗だったのも合点がいった。不安定で使えません、このキーボード。

しばらく使っていると「なんかチャタるなぁ」と思ったもの束の間、効かないキーが出てきました。
バラして、スイッチをテスタでチェックしてみると、ちゃんと押下で通電。
再接続してみると、きちんと動くではないですか!
安心してしばらく使っていると、今度はいつの間にかにキーボード全体が効かなくなってる!


……はい、ダメです、もうダメです。地雷でした。
Filcoだから中古でも大丈夫だと思ったんだけどなぁ;
ググッてみると、やはりこのキーボード、微妙に問題がありそうです。
(初代iMacの頃のシロモノなので、古く、情報に乏しく断言出来ませんが)
ジャンク品をブランドのみで判断してのがミスでしたね;

くぅ〜、だからジャンク漁りはやめられん!(え?

ヨコハマ買い出し紀行

久々にアルファさんを描き描きPhotoshopでぺたぺた。
友人からPhotoshopの面白いブラシを紹介されたので早速色塗りに使用してみた訳だが、これがなかなか面白いタッチで非常に気に入りました!

…ちなみに、教えてくれた本来の使い方じゃ無いんですけどねッ;

そんな訳で、pixivの方にアプしました。
アクセス出来ない方は、下記のtinamiの方をご利用くださいませ。
同じものをアップしております。

Mac用キーボード

イメージ
確定申告書を提出する帰りに、例によってハードオフに寄ってジャンクのMac用キーボードを購入。
非常にホコリがキーに詰まっており、一見実に汚いキーボード。
しかし、よくよく観察してみると、キートップの磨耗感が非常に少なく、今時珍しいカチカチとクリック感の楽しいメカスイッチのキーボード。
今まで使っていたキーボードは、G4グラファイトにて標準でついていたと思われる純正キーボード。これがデザインは非常にカッコいいのだが、いかんせんタッチが……ドロッセルお嬢様風に言うならば、これが実に「腹に据えかねるわ」な感じなのだ;

家で格闘すること一時間……なんということでしょう、ホコリがビッチリ詰まったキーは新品の様な輝きをみせております。いや、ホント傷らしい傷も無く、新品と見紛う感じ。
ただし、ファンクションキーの下についていたFILCOのラベルとMacOSのマークのエンブレムは、少々経年変化で黄色っぽく汚くなったので、剥がしちゃいました。別に無くても良いし。

そんな訳で、早速このキーボードでこの日記を描いております。
いやぁ、気持ちイイことイイこと。やっぱキーボードは大事ね。

そんな訳で、お値段¥200で快適度アップなり〜。

手動掃除器

イメージ
部屋の掃除に使っていたコロコロの粘着ロールが無くなったのでDIY店へ。
そこで「ぱくぱく」なる手動掃除器を発見。
そう言えば以前何かで絨毯の毛や汚れが良く取れる、と聞いた憶えが。
好奇心の手伝いもあって、粘着ロールのスペアを買うのを止めて、コッチを買うことに。

仕組みとしては、掃除器本体は箱状になっており、中にゴミが溜まる仕組みだ。
ゴミを取る仕組みが二つあり、一つは豚毛のローラーブラシでゴミを巻き取る方式、もう一つはエチケットブラシで掻き取る方式。後者の仕組みは面白く、エチケットブラシローラーにはゴムのヒダが付いており、掃除器を左右に振って掃除を行うと、エチケットブラシが中に引っ込んだり出たりする仕組みになっている。中には更にエチケットブラシが付いており、ローラーのエチケットブラシに着いたゴミを小削ぎ落とす仕組みとなっている。

実際使用してみると、コロコロでないと取れなかった髪の毛がドンドン取れていく。コレは気持ちいい!
一通り目に付く範囲を転がしてみて、箱を開けてみる……おお、髪の毛以外も何か沢山取れてますよ!もしかして、コレ…下手なハンディ掃除機より性能いいんじゃないんですか?w
コロコロみたいに廃棄シールがでない分、かなりお得&エコロジーなのでは…と思ったり。

気がつけば、部屋中の床をゴロゴロ。掃除器かけたばかりのはずなのに、なんだかいっぱい取れました、気持ちイイ!
しかし、壁際のゴミが取れない〜。
構造上しょうがないのはわかりますが、残念すぎる〜;
ただ、壁際に寄せないホットカーペットの掃除には完璧ですな〜。

ちなみに、コレは絨毯専用でフローリングは掃除出来ません。あしからず……



そうそう「肉汁胡乱その1」が在庫僅少になりました。
いよいよカウントダウンに入りましたので、ご興味のある方は是非ご利用くださいませ〜。

イベントラッシュ終了

イメージ
コミティアのペーパーは前夜にバタバタと描いて、何とか間に合いました。
バレンタインデーをテーマにと考えていたら、こんなん出ましたけど……いや、ほら、バレンタインデーは女の子の戦いだって言うじゃありませんか……よく知らないけど良く知らないけど……orz

簡単にイラスト部に着色したモノをpixiv等にアップしました。
WebPage「へれいめ」の方へのアップはちょっとお待ちください。
最近FTPクライアント関連で、パスワードをクラックされるニュースを小耳に挟みまして……情報の確認と勉強が済むまで、しばしWebの更新を控えさせて頂きます;(Blogの更新は行います)


さてさてコミティアの方ですが、予告通り出張編集部に行ってきました。
人が多く一箇所しか行けませんでしたが…;
ヒヨコの鑑別みたいなノリでパパっとやっているものかと思ってた。
それが意外と親身な感じで…w

さてさて前日まで四苦八苦していた原稿を見せた結果簡単に書き出してみると……

・個性的、特徴的な絵柄・描き文字
・人を引き込む力が強い
・サービス精神が旺盛
・緩急が弱い。密度が濃すぎ。上記の特徴より読者が圧倒され続け、疲れてしまう。
・絵柄的には、幅広い年齢層に受け入れられるので、少年誌よりも青年誌向け。

ポイントは「緩急」と言う事でした。うむむ、今回ちょっと力みすぎたかなぁ;
あと描き込みが細かいと言われたのが驚きでした。
自分としては、そう言う絵柄だとまったく……;

しかし、総合すると、出張編集部に来ないところに持ち込んだ方が良いと言う結論を得てしまいましたね;
今までは持ち込む先が五里霧中だったので、一つの道を示されたと思えば収穫でした。

ならば今回の作品を完全に仕上げて、今度は他に編集部に直接持ち込ねば〜。



最後のオチ

「ところで、この作品男性(男の子)向けだよね。ウチどちらかと言うと女性向けなんだけどね」

「……………………え?!」

五里霧中とはいえ、テキトーすぎるぞ私;
(だって、まだ発刊してない雑誌だったし;)

コミティア91

イメージ
さて、今週末はコミティア91、BlackDwarf(に23a)にてお待ちしております。

……と言いつつも、タイミングによっては不在かもしれません。
今回、出張編集部を初めて利用してみようかと企んでおりまして……
そんな訳で、見てもらう作品作成にかかりきりなってしまったので、新刊はありません;頒布物は「肉汁胡乱その1」のみです。(せめてペーパーくらいは、な何とか!)

……と書きつつ、現在まだ制作進行形だったりします。初めての20p超えの32pに挑戦したもんだから、微妙に苦戦中、なかなか終わらないメドつかない……う、トーンは間に合いそうもない;「ちょっと時間的余裕が出たらコピー誌でも刷っておこうかな〜」なんて呑気な事どの口が言うた!うう……。


ちなみに、作成中の作品は5月のコミティアにてオンデマンドで出す予定です〜。

サンクリ46

イメージ
今週末に催されるサンシャインクリエイション、今回も「ぴよぴよバズーカ」主催者さまの都合で未参加の予定でしたが、友人のサークルにて委託させてもらえるとの申し出が!
ありがたく受けて、週末は以下サークルにて鎮座していると思います。

「やかぜ2000」A23ホール R28b

急な話だったので、今回は在庫のみでペーパーの予定もありません。
しかし、サンクリは久々だなぁ。別に個人情報流失の関連でボイコットしてたわけではなくて、単にド忘れと都合が重なって参加申し込み出来なかったと言うw

さて、委託は一種類との条件でありますが、これはつまり一種類おけるスペースを使って良い、言い換えればそのスペースに置けるなら何冊置いても構わないと言う事と私は解釈!ふっふっふ……。


そんな訳で開発しました!一冊分のスペースに二種類置けちゃう装置!
私の技術力では、二種類が限界でした。
これで更にポップをつける装置やら何やらを付属させれば、A5サイズのミニミニBlackDwarfブースの出来上がり!相手に迷惑なことこの上なし!w

ちなみに、材料はDIY店で買った前回の試作で使った金折、100均の名札立て、以前ダイソーで買ってあったレシピ立て、以上。
名札立ては、ガスコンロで慎重に温めながら角度を調整しました。